質の高いコンテンツの条件とは?Web戦略

>

ターゲット選定が重要です

コンテンツマーケティングとは何か?

SEO対策を意識する会社、企業、個人が多くなってきました。

その中で、重要視されるのは、Googleアルゴリズム。

もっと細かく見ていくと、コンテンツ(記事)の質という言葉が出てきます。

Googleでも検索エンジンの評価基準の中には、コンテンツクオリティというのが含まれている。

では、どうしたら、Googleの検索エンジンにおいて高い評価を得られるようになるのか?

今回は、ビジネス向けのマーケティングにおける「質」が高くなるポイントを解説していきます。

ターゲット選定が重要です

ターゲット選定が重要です

品質が高いコンテンツと言われてもイメージが難しい。

初心者の方にもわかりやすく解説していきます。

判断基準は何?

判断基準は何?

Googleのアルゴリズムにおける要素は、200以上とも言われています。

まず最初にやるべきことは何?

この対象には、コンテンツの見直し(強化)です。

ターゲットとは?

ターゲットとは

ターゲットとは、あなたが伝えたい相手の具体的な条件です。

例えば、

  • 性別:男性、女性、両方
  • 年齢:50代、40代、30代、20代
  • 職業:学生、会社員、自営業、公務員、専門職等
  • 地域:日本全国(都道府県単位、市区町村単位)
  • ユーザーの課題(見積り、資料請求、面談希望、決済)

読者自身が疑問を抱く内容はさまざまです。

  • 本、雑誌等で知識を吸収したい方
  • 専門の会社の人の相談したい人
  • 直接お店で実物を見たい人
  • 相見積もりを希望している人
  • 読者同士で情報交換をしたい人
  • 口コミ、レビューを見たい人

業種、職種によっても異なります。

全てとは言いません。

しかし、より成果につながる顧客ときちんとつながることが大切です。

つまり、そのターゲットの気持ちがわかれば、問題を解決する、疑問に答えるコンテンツが見えてくるはずです。

例えば、

「中古住宅 リフォーム ローン」

こんなキーワードを探す人はどんなコンテンツを求めているでしょうか?

この答えを日頃から顧客と接点を持つ担当者ならわかるはず。

  • 顧客の課題
  • 疑問の洗い出し

その答えをコンテンツに反映させることが大切なのです。

それが、価値のあるコンテンツです。

オリジナリティの割合と必要性

オリジナリティの割合と必要性

コンテンツには、独自性も求められます。

最近は、他の記事をただ寄せ集めチエル情報はオリジナルの薄い内容として、検索上位に入ることは減ってきました。

絶対にやってはいけないこと

  • コピーコンテンツを作る事
  • 自社の情報ではないのに偽って掲載すること

このような情報に価値はありません。

オリジナルなんて想像できない。

こういう会社は顧客の意見や考え方に目や耳を傾けていない証拠ですね。

人に伝える過程があるなら、確実にそれぞれのコンテンツマーケティングに必要な課題があるはずです。

いくらそのジャンルがニッチなテーマでも切り口はあります。

 

証拠や検証データの価値

証拠や検証データの価値

近年のアルゴリズムにおける重要なポイントは、「信ぴょう性」。

デマの情報がSNSで簡単に拡散される可能性がある時代。

そもそもその情報にどんな根拠があるのか?

  • 検証データ
  • アンケート調査結果
  • 統計データ

こうした内容は、外部メディアの引用も必要なケースがあります。

具体的な事例を掲載する。

さらに、そのデータに基づく独自な自説を補強する。

この作りがきちんとできるかどうかも重要になってきます。

 

機械的にも人にも伝わる文章

機械的にも人にも伝わる文章

伝わりやすい文章とは何か?

この答えは、イメージしやすいが答え。

例えば、

  • 見出しを使う
  • 一文を短くする
  • 図面を用いる
  • 画像や動画を入れる

文章だけが悪いとは言いません。

しかし、ユーザーにイメージを伝えるための工夫が大切です。

 

過去記事のリライトの重要性

過去記事のリライトの重要性

  1. 品質の高いコンテンツを今から0から作る会社。
  2. もうすでに数年かけてコンテンツを導入済みの会社。

どちらもあります。

特に2の企業は注意が必要です。

過去のコンテンツを放置したままでも大丈夫ですか?

新しいコンテンツに力を入れれば大丈夫ですか?

この答えはNOです。

むしろ、過去の記事を全てリライトすることのほうが重要。

なぜか?

サイトやブログは3つの過程があります。

  1. タグ単位
  2. カテゴリ単位
  3. サイト全体

内部リンクの強化が必要不可欠になった時代です。

どのページにアクセスをしたユーザーにもある程度滞在時間を安定させる。

その為には、過去のコンテンツの品質を見直すことが必須。

その評価をまだ誰にも見てもらったことがない。

こんな企業は、まずは添削だけでも依頼をしておくことが大切です。

弊社での依頼も可能です。

弊社では、データとアドバイス付きで3万円+税で対応をしております。

興味がある方は、お気軽にご相談ください。

 

 

By